World of the Dead -ゾンビの対処法-

日本のゾンビの習性
ロメロ版「ゾンビ(Dawn of the dead)」のアメリカのゾンビはショッピングモールへ、「ショーン・オブ・ザ・デッド」のイギリスのゾンビはパブへ集まるという設定からも、ゾンビにも国民性・民族性が現れると考えられます。
それでは日本のゾンビはどこへ集まりやすいか?
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

拠点防護3侵入防止バリケードの設置
拠点の安全確保のため、複数の防護壁の設置に加え、各種バリケードの設置も必須となります。 
出入り口付近は当然のこと、拠点外周や拠点内の施設の周囲にも可能な限り多くのバリケードを配置し、二重三重の侵入防止策を講じる必要があります。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

拠点外での調達活動
ゾンビ・アポカリプス発生後、備蓄品や拠点内の生産だけでは、物資不足等に陥り、拠点運用が困難となる場合があります。
拠点外での行動は危険を伴いますが、有事においては物資調達が必要に迫られることも予想されます。
 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

襲撃者の対処要領概説
ゾンビ以外の脅威である、襲撃者・略奪者等(以下襲撃者)による拠点及び人員襲撃対策はゾンビ対策と並ぶ重要な課題です。
誰もが極限状態におかれているため、水や食料、あるいは拠点そのものを求めて手段を選ばない者も多数発生すると予想されます。
ゾンビよりも遥かに危険な存在であることを忘れてはなりません。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

物資の備蓄

水・食料の備蓄非常持出し品の準備は、食料を中心とした必要最低限の備えとなります。
しかし、ゾンビ・アポカリプスの場合は通常の社会とは長期(あるいは永久)にわたり隔絶される状況が想定されます。
これらの備えは、ゾンビ・アポカリプスのみならず、一般的な自然災害等にも役立つため、積極的に実施されることが望まれます。
ただし、ゾンビで溢れた世界という異常な状況下では、物資の不足が死に直結する可能性が高いため、自然災害に備えた一般的な物品だけでなく特殊な物品の備蓄も必要となってきます。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

生存者との遭遇
ゾンビ・アポカリプス状況下において、他の生存者との遭遇は、主に初期の段階においては頻繁に発生し、時間の経過とともにその機会は減少していくと考えられます。
有事のごく初期においては当然ながらゾンビによる被害はまだ少なく、その後速やかに文明と秩序の崩壊とともに生存者数は減少していくためです。
 
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ